ニンジンジュースでガンと闘う!アレンジゲルソン療法の小林麻央さんのケース

小林麻央さんにんじんジュースを飲み始めたのは、リンパ節転移からの肺・肝臓・骨に遠隔転移をしてからでした。
ニンジンジュースの効果は、がんの予防・再発防止・遠隔転移防止に対して高い効果があるのと、抗がん剤治療をしている時の副作用の緩和、抗がん剤で死滅しなかったがん細胞を根絶やしにする効果を含んでいます。
小林麻央さんのケースは、ニンジンジュースは飲むようにしていますが、食事療法は行っていません。

本来は、ガンに栄養を与える食品の摂取を控え、ガンを攻撃する抗酸化作用の高い食事を中心とすることが重要です。

それでも、にんじんジュースを飲まないよりは有利に戦えることは言うまでもありません。

ステージⅣは、末期がんと呼ばれていますが、アレンジゲルソン療法の人参ジュースを実践しているようなので、5年生存率が上昇し、予後も普通よりは明るくなるかと思います。


ニンジンジュースは作るのが大変
実際に私も飲んでいましたが、ニンジンジュースは作るのに手間がかかります。
特に抗がん剤治療をしている時は、指の神経が鈍くなってしまうため、思うようにジューサーを洗う事ができなくなります。
エキスを取ったニンジンを、最後の一滴まで絞り出そうとしても、力を入れて絞れません。
抗がん剤の副作用で爪がボロボロになっているので、指を使うのも怖くなってしまいます。

そんな時にオススメしたいニンジンジュースがあります。
抗がん剤治療の期間は、初発の場合なら半年ほどです。

その期間だけでも、ちょっとでも体の負担を減らしつつ、ガンと闘うために利用したいのがこのジュースです。
無農薬人参と葉っぱもまるごとジュースにしました!
定期購入なら初回60%OFF!さらに毎回3パック増量!






しかも、初回だけですが、60%OFFキャンペーンを行っています。
ガンと闘うために、一度試してみる事をお勧めします。

冷凍されているので、解凍して飲むだけというのが魅力です。

詳しい乳がん情報やニンジンジュースの事、アレンジゲルソン療法が書かれているサイトです。

乳がん治療のアレンジゲルソン療法:がんサバイバーからの生還

乳がんの再発を予防する食事療法のゲルソン療法をアレンジ

乳がん治療とニンジンジュースの効果について

野菜ジュースやスムージーで生野菜の摂取が大切
にんじんの代表的な栄養成分は、カロテンが多い事と、ビタミンB1やB2、C、カルシウム、鉄分、リンなどが含まれています。
抗がん野菜の王様ともいえます。
特にカロテンは抗ガン作用が高く、乳がんの再発予防、転移の防止に効果的です。

◆白内障や黄斑変性などの目の病気治療に効果
◆生活習慣病の予防にも優れている
◆認知症対策として
◆脳梗塞後の後遺症にも友好的
◆カロテンによる高血圧対策
◆高コレステロール値の改善
◆アンチエイジング、抗酸化、免疫力アップ