乳がん治療のアレンジゲルソン療法:がんサバイバーからの生還

女性特有の病気というと子宮がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・卵巣がんなどたくさんの病気がありますが、芸能人や著名人なども多くかかっている病気として乳がんがあります。
乳がんは、ほかの女性特有の病気の中でも自分で発見することができる唯一の病気ともいえます。
乳がんの症状で最も多いのはおっぱいにできるしこりで、お風呂で体を洗っている時や、恋人や配偶者の方がスキンシップの際に見つけられます。
早期発見をすることによって、死へのカウントダウンを食い止めることができる病気とも言えるでしょう。
乳がんには、0期から4期までと再発乳がんに分けられるステージと、Tisから始まりT0からT4までのしこりの大きさを分けられています。
病院の医師からは主にステージを重点的に知らされ、その時のステージとしこりの大きさに伴った治療法を提案してもらえます。
乳がんステージは、0期が早期発見とされていて、比較的再発率が低く、死亡率も低いとされています。その反面、再発乳がんとなると、初期治療を行った後に再び出てくる癌なので悪性が強く、死亡率が高いと言えます。
乳がんを早期発見する為には、常に自分のおっぱいにしこりがないかを確認することと、マンモグラフィーやエコーなどを取り入れた定期検診を受けることが大切です。

この記事へのコメント